床で生活するなら最適|理想のちゃぶ台を購入する方法を紹介

和の家具を楽しむ

テーブル

かわいらしい外観が魅力

日本に古くからある家具の一つに、ちゃぶ台と呼ばれるものがあります。天面が円形のテーブルのことで、小型で持ち運びやすく脚を折りたためるのも特徴です。外観上の大きな特徴は、他のがっしりとしたデザインのテーブルよりもかわいらしさがあることです。ちゃぶ台は作りも小さいため、部屋の中央に置いても圧迫感を感じることがありません。脚をたたむことでコンパクトにできるため、収納しやすいという利点もちゃぶ台にはあります。デザインがレトロ風なのもちゃぶ台の特徴です。もともと日本で昔から使われていた家具であり、昭和のドラマなどでも頻繁に登場します。そうしたイメージが強いため、アンティーク調の家具を好む人たちにも選ばれています。独特のレトロ感は、畳や和家具との相性も抜群です。上質の和室を作りたいという人にもおすすめできる家具です。古くから使われてきた家具ですが、種類はそれほどなくテーブル面が円形のものが一般的です。正方形や長方形のテーブル面を持つちゃぶ台もありますが、デザインの可愛らしさを重視する人たちからは円形のものが選ばれているようです。意外に便利なのが、超小型のちゃぶ台です。一膳分の食事しか置けないようなコンパクトな商品ですが、生け花のようにちょっとしたものを置くのに使われています。バリエーションとしては、使われている材質に違いが見られます。基本的な楢の木を使ったちゃぶ台以外に、メープルやウォールナット、ブラックチェリーなどの木を使った商品も販売されています。表面の塗装も水に強いウレタンなどが登場しており、長く愛用することができます。